越谷市社会福祉協議会は、みんなが参画し、ともに築く、福祉のまちを目指しています。

サービス内容

福祉体験学習

福祉体験学習について

車椅子・ガイドヘルプ(白杖)等の体験を通し、今この同じ空間に生きている様々な人たちの存在を知り、そうした人たちと“共に生きる”ための知恵と力を身につける展開に繋げていくことです。非日常の課題を学ぶのではなく、“身近な福祉・地域”を感じ、地域の中で起きている課題に気付くための「きっかけ」として体験学習をご活用ください。

現在、8種類の体験メニューがございます。
①車椅子
②ガイドヘルプ(白杖)
③点字
④拡大写本
⑤朗読
⑥手話
⑦認知症サポーター
⑧高齢疑似
希望の体験がございましたら、下記の「①福祉体験学習実施依頼書」に必要事項をご記入の上、メール/FAXでボランティアセンターまでお送りください。
※講師やボランティアグループとの調整がありますので、少なくとも実施する1~2カ月前までにはご相談ください。

【実施までの流れ】
●ボランティアセンターに実施依頼……①福祉体験学習実施依頼書を提出
 ⇓
●ボランティアセンターより講師・ボランティアグループ等の紹介、調整
 ⇓
●打ち合わせ(当日の流れ、必要物品の確認)
 ⇓
●前日……②福祉機器借用申請書を提出
 ⇓
●当日(福祉体験学習実施)
 ⇓
●後日……③体験学習実施・福祉機器借用報告書を提出
     

福祉体験学習実施依頼書(記入例)

①福祉体験学習実施依頼書
②福祉機器借用申請書
③体験学習実施・福祉機器借用報告書

 

福祉体験学習サポーターについて

福祉体験学習を実施するにあたり、講師としてご協力いただいている当事者やボランティアグループの方以外にも、地域の様々な方が『福祉体験学習サポーター』として小中学校で行われる福祉体験学習を応援しています。
車椅子やガイドヘルプ体験を中心に、児童・生徒が安全に体験学習を実施できるようサポーターが協力していきます。

※福祉体験学習サポーターは通年で募集しておりますので、ご興味のある方はボランティアセンターまでご連絡ください。

福祉体験学習サポーター登録カード
サポーター募集ちらし