越谷市社会福祉協議会は、みんなが参画し、ともに築く、福祉のまちを目指しています。

サービス内容

愛の詩基金事業「社会福祉活動団体等支援事業」助成金

この事業は、市民の皆様からの善意の寄付金を積み立てた「愛の詩基金」の果実(運用利息)を財源に、市内の社会福祉活動団体等の事業や施設の機材整備等を行っています。

平成29年度は、審査の結果、11団体が交付決定されました。

 

平成29年度愛の詩基金事業「社会福祉活動団体等支援事業」助成金決定団体一覧

 

 

  • □■対象団体■□

  越谷市に活動拠点があり、社会福祉活動を実施している次の団体等です。

 (1)社会福祉活動を行う非営利の団体

 (2)地域活動支援センター、生活介護事業所等(社会福祉法人、医療法人が運営するものは除きます) ※申請は1団体(1法人)につき1件までとします。

□■対象事業■□

 非営利の事業とします。

 (1)在宅老人福祉事業

 (2)在宅障害者(児)福祉事業

 (3)児童福祉事業

 (4)低所得者援護事業

 (5)ボランティア活動の推進に関する事業

 (6)その他地域福祉の推進に関する事業

 ※同じ事業内容は交付を受けた年度から3年を経過しなければ申請できません。ただし、目的達成のため複数年かかる合理的理由があるものと認める場合は、3年間を限度に申請することがきます。

  ※詳しくはお問い合わせください。

□■対象外事業■□

 (1)営利を主な目的としていると認められる事業。ただし、非営利の事業であっても、この助成事業が特定の個人又は団体の収益活動又は活動資金の捻出のための活動に当ると認められる場合は、営利事業と同様に取り扱うものとします。

 (2)原則として入場料を徴収して行う事業。

 (3)特定の政治的又は宗教的目的を有すると認められる事業。

 (4)特定の個人又は団体のみを対象とする事業。

 (5)表彰式等のイベントへの参加のみを目的とする事業。

  ※(1)・(2)に該当する場合であっても、当該事業が愛の詩基金の理念に合致し、社会福祉の向上、その他、本市における快適で活力ある魅力的な福祉のまちづくりに資するものであると認められる場合は、助成対象とします。

□■事業実施期間■□

 平成2961日(木)~平成30330日(金)

□■事業の中の対象外経費■□

 (1)食料品費、食事代(ただし、助成対象事業の活動において、審査委員会が特に必要と認めた場合はこの限りではない)

 (2)団体運営のための経常的経費(運営費、人件費等)

 (3)活動に関連して開催する反省会・打ち上げ等の経費

 (4)有償頒布のプログラム等の作成費

 (5)会員への諸謝金や賃借料等

 (6)施設の初期投資や必要不可欠な設備投資等(事業者として整備しておくべきと判断できるもの)

□■助成金の使途と額■□

 (1)事業の実施に必要な経費(備品は含まない) 20万円以内

   ※経費の10パーセント以上の自己資金があることを条件とします。

 (2)機材などの整備、修繕等に必要な経費 10万円以内

   ※地域活動支援センター、生活介護事業所等に限定されます。また、経費の10%以上の自己資金があることを条件とします。  

     ※助成対象は施設利用者に直接還元できる機材・修繕が優先となります。

   ※1事業において、関連性のない複数物品の購入は禁止とします。

   ※複数の物品購入・修繕等を行う場合は、1種ごとに見積りの提出が必要となります。

   ※原則として、見積金額が10万円以下の場合は2者以上、10万円超の場合は3者以上の見積りの提出が必要となります。

   ※備品等の購入は、老朽化などの理由により生じた買い替え・修繕、利用者へ付加価値をもたらすものに限ります。

□■助成金審査ポイント■□

 ・地域性(地域福祉の向上に効果が期待できるか)

 ・公益性(特定の団体・個人の利益になっていないか)

 ・自主性(団体の発展につながる事業であるか)

 ・実現性(確実に事業を実施することができるか)

□■助成金の審査・決定■□

 申し込み受け付けした申請書については、審査委員会において申請内容が審査され、助成の可否が決定されます。

□■応募期限■□  

 平成29年度の申請書受け付けについては、終了いたしました。

 

※なお、本年度についてはこのような基準ですすめてまいりましたが、毎年申請団体等の申請状況やご意見をもとに審査委員会において検討し、基準を変更することもあります。

 

 

□■問合せ■□

  社会福祉法人 越谷市社会福祉協議会  地域福祉課 地域福祉担当

  越谷市越ヶ谷4-1-1  TEL9663411  FAX9667195